高タンパク質が摂取できるヨーグルト 

この記事は約5分で読めます。

高タンパク質ヨーグルト

今回ご紹介する3つの高タンパク質のヨーグルトはこちらです。

おすすめヨーグルト
  1. 明治TANPACTヨーグルト
  2. 明治THE GREE Kヨーグルト
  3. Isey SKYRヨーグルト

家の近くのスーパーに売っていた3つのヨーグルトを選んでみました。お値段はスーパーによって違いがあるとは思いますが、参考になればと思い下記で載せたいと思います。

ヨーグルトの良さ

まず、ヨーグルトの主な特徴、良さをお伝えしたいと思います。

ヨーグルトには、「整腸作用」「美肌効果」「免疫力強化」「潰瘍性大腸炎の改善」「コレステロール値の低下」など、さまざまな効果があります。これらは、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の働によってもたらされるものです。

しかし、ヨーグルトの健康効果は、乳酸菌によってもたらされるものだけにとどまりません。その秘密は、栄養素にあります。ヨーグルトの主な栄養素は、3大栄養素である「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」と、「カルシウム」「ビタミンB2」です。これらの栄養素がカロリーに対し豊富に含まれていることも、ヨーグルトが健康食品だといわれる理由になっています。

腸内環境を良くすると

健康的な腸内は、多種多様な細菌が共存していながら、善玉菌が優勢な状態にあります。しかし、食生活の乱れなどが原因で悪玉菌のほうが優勢になってしまうと、腸内環境が悪化し、便を排出するための腸のぜん動運動も鈍くなり、便秘になりやすくなります。

便秘になると、腸内にアンモニア、フェノール、硫化水素などの腐敗物質が多く産生され、腸管内で吸収され血管を経由して、体全身をめぐることで、肌に到達し、肌トラブルに直結しやすくなります。

実際に、便秘症状が続くと皮膚症状の悪化に繋がることも以前から知られており、腸内環境を整えることで、皮膚の状態が改善することも報告されています。

だからこそ、腸内環境を整えてくれるヨーグルトを摂取することで、便通を良くすることが肌質改善や効果的なダイエットなどにも繋がって行きます。

ヨーグルト(高タンパク質)を選ぶ理由

栄養バランスの整った食事をするには、栄養バランスの重要性を分かってはいるものの、好きなものばかり食べてしまったり、忙しさのあまり食事を抜いてしまったりすることもあると思います。また、特にこの忙しい社会では、食事を簡単に済ませようと、炭水化物ばかりの食事(丼ものや麺類)で済ませてしまう人が多くありません。

それらを続けるともちろん栄養の偏った生活になり、身体に悪影響を与えかねません。

そこで、今回は、手軽に必要な栄養素を摂取できる高タンパク質ヨーグルトを紹介して行きたいと思います。

3つのヨーグルト紹介

まず、一般的なヨーグルトのタンパク質量は、3g〜5gですが、これから紹介するヨーグルトは、普通のヨーグルトよりも数倍ものタンパク質が入っているヨーグルトです。

それでは紹介して行きましょう。

明治TANPACTヨーグルト

値段

135

栄養成分
エネルギー73g
タンパク質12.0g
脂質0g
炭水化物6.2g
糖質4.1g

中身はねっとりとしているヨーグルトで、味は普通のヨーグルトに比べて酸味が少ないです。シンプルな味となっており、癖のある味などはないヨーグルトになっていました。糖質も抑えられていて、このタンパク質の量ならgood!!


明治THE GREE Kヨーグルト

値段

135円

栄養成分
エネルギー53g
タンパク質10g
脂質0g
炭水化物4.8g
糖質4.8g

こちらも明治製品。中は同じくらいねっとりしていましたが、味は違いました。酸味がありヨーグルトっぽさがあるお味です。こちらも食べやすく、TANPACTよりヨーグルトさがあるので飽きないで食べれそうです。タンパク質は10gとなっており、糖質が抑えられていてgood!!


Isey SKYRヨーグルト

値段

198円

栄養成分
エネルギー83g
タンパク質11g
脂質0.2g
炭水化物6.4g
糖質6.4g

上記2つと比べるとお値段が少し上がります。舌触りは一番滑らかで、オイコスに近い感じがしました。私は一番美味しかったのは3つの中ではこれでした。


まとめ

3つの高タンパク質ヨーグルトは、水分が少なく粘り気が強いヨーグルト、つまりギリシャヨーグルトです。そのため、高タンパクはもちろんですが、腹持ちも良くダイエットにも最適です。また、ヨーグルトなので乳酸菌も入っており、腸内環境を整えてくれるので、毎日の栄養補給、体調管理には十分な商品だと思います。

その他にも、高タンパク質のヨーグルトはたくさんありますが、これらはスーパーなどで手に入りやすい商品です。簡単に購入でき、簡単に摂取できる。これなら忙しい毎日でも隙間時間に食べれたり、食後のデザートとしても食べれます。また、おやつレシピなどでヨーグルトを使っているものを、高タンパク質ヨーグルトに置き換えても良いと思います。そうすることで、子供などのおやつに高タンパク質が摂取でき、健康な身体を作る手助けになると思います。

3つを比較してみて、やはり高タンパク質のヨーグルトはねっとり感が共通していることがわかります。味はそれぞれ違いがあるのはもちろんですが、栄養成分も1つ1つ異なっているので、自分が何がどれだけ必要か、を選んで食べてみるのも良いでしょう。

ちなみに、お値段が少々高いIsay SKYRヨーグルトが私は一番食べやすく美味しく感じました。

その他にも、また違うヨーグルトを発見したら食べ比べしたいと思います。

この記事で、少しでもヨーグルトの良い部分を知ることができ、これからの食生活に活用して頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました