コストコ購入品 『ミックスナッツバターウィズシード』

この記事は約3分で読めます。

ミックスナッツバターウィズシードとは

名前は、『MIXED NUT BUTTER with SEEDS』(ミックスナッツバターウィズシード)

簡単に言えは、ピーナッツバターのようなものです。しかし、ピーナッツは使用してなく、アーモンドやカシューナッツをメインに作られたバターになっています。

そして、珍しいのは、チアシードが入っています。

商品内容

原材料名:アーモンド、カシューナッツ、パンプキンシード、アマニシード、チアシード

内容量:765g

保存方法:直射日光を避け、常温で保存

原産国名:アメリカ

【1食分(大さじ2杯・32g)】/熱量 200kcal、たんぱく質 7g、脂質 16g、炭水化物 8g、食塩相当量 0g

原材料はシンプル。添加物なし、そして砂糖や塩といった調味料も一切無し。

しかし、カロリーが少し高めです。大さじ2杯で200kcalと、気にせず大量に使っているとカロリーオーバーになりかねません。

濃厚なペーストなので、大さじ2杯以上はあまり使わないと思うので大丈夫だと思いますが、癖になる味なので気をつけた方が良いかと思います。

また、バターという名前ですが乳製品が使われているわけではなく、ローストしたナッツやシードをつぶしてペースト状にしたものと、とってもシンプルな内容となっています。

形状は、ピーナッツバターのような固いねっとりとした形状ではなく、蜂蜜の濃縮くらいのねっとり感です。スプーンで簡単にすくえます。

この写真は、冷蔵庫で冷やしていたので少し固めですが、常温だともっとねっとりとしています。

このようにナッツの中に黒いツブツブが見えると思いますが、これがチアシードです。

味は?

味は、香ばしいナッツの香りが広がる濃厚なナッツバターです。舌触りにナッツと、噛んでいると最後にチアシードが残る感じがありますが、気にはなりません。

私は、もともとピーナッツバター(無糖)のものが大好きで、スプーンですくって食べれるくらい好きなので、このナッツバターも美味しすぎでスプーンですくって食べれるくらい好きです。しかし、伝えた通りカロリーが高いので頑張って制限しながら食べています。

ピーナッツバターなど好きな人は絶対に好きな味だと思います。ピーナッツバターよりも本当にナッツの香ばしさがあり癖になります。

どんな風に使える?

ピーナッツバターはパンに塗って食べたりといろいろあると思いますが、こちらのミックスバターもピーナッツバター同様に使えます。

おすすめする使い方は

  • パンにのせて食べる
  • バナナに塗ってはちみつをたらして食べる
  • ドレッシングに使用する
  • ナスの味噌炒めでコクを出すために入れる
  • 担々麺の肉味噌を作るときに加える

などして食べています。どれもコクが増していつもの料理のレベルが少し上がります。

その他色々調べていると、他の人達は

  • ココアに入れて混ぜて飲む
  • お菓子作りにピーナッツバターの代用として入れる
  • ほうれん草の胡麻和えをミックスナッツバターにして作る
  • バニラアイスに混ぜて食べる

など、ナッツや胡麻など風味が出る料理に代用していたりします。

まとめ

これは美味しすぎて癖になるミックスバターでした。内容量も多く、こんなに使えるかなと最初は思っていましたが、そのままでももちろんのこと、色々な料理にも使える万能なミックスナッツバターです。また、料理に使うことにより、コクが出て、香ばしさが一弾と引き立っていつもよりも一味も二味も美味しい料理になります。

その点、難点なのはナッツを使用しているのでカロリーが多くなってしまうこと。美味しすぎて摂取しすぎには気をつけてくださいね。

しかし、原材料も添加物は一切使用していないので、添加物が沢山入ってしまっているピーナッツバターを使用するよりは断然良いと思います。

どこのコストコでも売っていると思うので、1度買ってみて色々アレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました