【5000円以下】コスパの良い おすすめ『デスクライト』

この記事は約4分で読めます。

デスクでのPC作業や、読書などの時に使うデスクライト

みなさん使っていますか?

暗い中でPC作業や読書は知らないうちに目に大きな負担がかかっています。

確実に、PC作業や読書をする時は、明るい環境で行ったほうが目に良いでしょう。

そこで、今回購入したデスクライトを紹介します。

Askj1st
Askj1st

ネットで探してもいっぱいあって何が良いのかわからないしな〜

デスクに置くコンパクトで使い勝手の良いコスパが良いデスクライトないかな〜?

このように感じている方におすすめなものを紹介します。

Amazonで高評価

デスクライト TaoTronics LED

目に優しい電気スタンド省エネタッチセンサー調光USBポート付け

見た目はシンプルで普通のデスクライトですが、機能がいっぱい。

値段も5000円以下と手が出しやすい商品です!

デスクライトの選ぶポイント

最低限の選定ポイント
  • LEDライト
  • シンプルかつコンパクト
  • 光の調整が多い
  • 照らせる角度の広さ
  • 値段(コスパ)

わたしは、こんな感じで探していました。

それでは商品のおすすめ機能を説明します。

商品の多機能性

多数の明るさ調整

光を7段階で調整できる。周りの環境によって明るさを微妙に調節できます。


色合いの多さ

5つの種類の光があり、好みの光に変更がすぐにできます。


自由な角度調整

2軸性だが、支柱部分は回転もできるので、置き場所が困らない。

どんな場所でもライトを照らせる。


USBポートが付属

コンセントを一つでまとめられ、USBポートからデバイスの充電可能。


見た目シンプル

邪魔にならないシンプルなデザイン性でかつコンパクト。


値段は5000円以下!!色の展開は3種類から選べます

  • ブラック(4599円
  • ホワイト(3999円
  • 木目調(4999円

ここまでの多くの機能を揃えており5000円以下はコスパ最強だと思います。

まとめ

これだけ多くの多機能を揃えているデスクライト。その他ネットでいろいろ見ていましたが、多機能を揃えたものは値段が・・・・1万円を超えるものばかりでした。

その他、置型ではなくクランプタイプなどの種類もありますが、デスクタイプ(置型)にしたのは、どの場所にも気軽に運べ使用できるからです。

デスクのみで使用するのであればクランプタイプやクリップタイプでも良いですが、それだとその場所のみの使用に限られてしまう。

夜にベッドサイドで読書をしたり、スマホをいじったりとすることはあると思います。

そんな時にデスクタイプでかつコンパクトだと、ベッドサイドのテーブルや、リビング、どこにでも置けて気軽に使えると思いました。

また、光の調節はもちろんですが、好みの光に変更できるのも良いと感じました。

ライトを使用する環境に合わせて、または自分の今日の雰囲気に合わせて光を選べる

作業効率も上がりそうですよね。

購入する選択しとして入っていなかった、USBポートの付属。これもとても良かったです。

デスクライトのコンセントのみで、その他のデバイスも充電できる。

コンセントの使用が一つ減らすことができます

ちょっとした良いところだと思いました。

みなさんも、何が良いか探しているのであれば、一度この商品を検討してみても良いとおもいます。

これなら、Amazonで高評価な理由もわかります。

今なら5%OFFクーポン付き

その他、YouTuberなどはこのハイスペックなデスクライトをおすすめしています。

お値段24800円の!

ハイスペックで使い勝手は良いが、値段が高いですよね。もちろんこれくらいの金額を出せる人はこちらを是非オススメします。

しかし、わたしはここまで出せないので色々さがし、今回の商品にたどり着きました。

現在、リモートワークが増え、お家作業をする方も増えたと思います。

作業効率を少しでも上げるために、コスパ最強のデスクライトをおすすめしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました